いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

上記は日本歯科医師会のホームページからそのまま引用しました。

平成17年の歯科疾患実態調査では8020達成率は21.1%です。

では20本以上歯があるのは何歳くらいなのでしょうか?

同じ平成17年の歯科疾患実態調査の結果から平均現在歯数が20本を上回っているのは64歳以下の方です。

歯は突然抜けてしまうものではありません。

歯が抜けたり、抜かざるを得なくなる原因の約75%は虫歯と歯周病です。

虫歯も歯周病も初期の状態では自覚症状がほとんどない病気で発見が遅れることが多々有ります。若いうちから自覚症状がなくとも歯科医院で定期的に検査を受けていただきご自分の歯をできるだけ長い間使っていただけるようしっかりメインテナンスしてください。

歯が20本以上残っていると、病気になりにくい、認知症になりにくい、転倒しにくい、要介護になりにくいなどいいことがたくさんあります。

口は体の入り口です。口の健康をしっかり維持して体の健康もしっかり維持していきましょう。

写真は日本歯科医師会のキャラクター「よ坊さん」です