金属のバネがない入れ歯、いわゆる今はやりの柔らかいプラスチックでできたノンメタルクラスプデンチャーですね。

前歯に金属のバネが見えるとキラキラして見た目が良くないので希望される方が増えています。

以前はノンクラスプデンチャーと言われていましたが、実際には樹脂でできたクラスプ(バネ)が付いているので「金属のバネは付いていないですよ」、ということでノンメタルクラスプデンチャーと呼ばれるようになりました。

入れ歯の大原則、動かない、汚れない、壊れない、これがクリアされればノンメタルクラスプデンチャーもOKなんですよね。

しかし、ノンメタルクラスプデンチャーは、動く、汚れる、壊れる、ということでこれまで補綴学会ではフレキシブルデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)は推奨しない、とホームページでも宣言してきました。

材料が日進月歩進化しており、ガイドラインを作ろうとしていますが変化が大きくてなかなか追いつかないようです。今は症例によっては使ってもいいかな?ってな感じですか。

例えば普段使用するのは金属のバネのあるしっかりした義歯を使用し、お出かけの時にはバネが見えないノンメタルクラスプデンチャーにするという使い分けなどです。

症例をしっかり選んで使用する分には問題ないでしょう。やみくもになんでもかんでもやるのはトラブルの元です。ただし2~3年が寿命だということをしっかり頭に入れておきましょう。寿命の割に保険適用外なので高額です。また、修理が必要になった場合お預かりの修理になる場合が多く、修理費用もかなり高額になります。

昔からある保険外の金属床義歯はノンメタルクラスプデンチャーより高額ですが寿命はもっと長く修理費用はノンメタルクラスプデンチャーより安価です。