「インプラントを入れたら一生もので歯周病にはならない」ということは決してありません。

インプラント周囲の粘膜は防御機構が十分でないため感染に弱いのです。

インプラント周囲の歯茎は普通の歯の周りの歯茎よりも防御機能が劣っている(細胞交代が3倍遅い)と考えられており、より厳密なプラークコントロール(歯磨き)が必要です。

ですから、「歯磨きするのめんどくさいし残ってる歯を全部抜いてインプラントにした方が楽じゃない?」なんて考えている方には決してインプラントはお勧めしません。インプラントはご自分の歯よりも丁寧にしっかり歯磨きし、確実に定期検診を受けていただかなければならないからです。

定期的なメインテナンスを行わなかった場合、インプラント周囲粘膜炎は発症率が増加するといわれています。よってインプラントは手術して歯が入って終わりではなくメインテナンスが極めて重要なのです。

歯周病で歯を失った方はインプラント周囲炎のリスクも高いという報告があります。

インプラントを入れた後のメインテナンスについてしっかりした説明を受けていない方も多くあるようなので注意が必要です。

インプラント周囲炎を予防するためには1にも2にもプラークコントロール(歯磨き)が重要です。

当院でインプラントをお勧めする方は当院でのブラッシング指導、歯周病治療を受けていただいた方で、しっかりしたプラークコントロール(歯磨き)ができることが確認できた方のみです。せっかくいいものを入れていただくのだからできるだけ長く快適に使用していただきたいと思います。

美味しく食べて健康に!

インプラントを入れている人はフッ素入り歯磨き粉を使ったらだめなの?」はこちら