これまでフッ素入り歯磨き粉に入っているフッ化物は歯磨きの補助剤としての位置付けが強かったのですが積極的な予防剤として認識されつつあります。

フッ化物配合歯磨剤のフッ化物濃度が1000ppm未満と規制されていましたが2017年3月から1500ppm(0.15%)にまで引き上げられました。これでようやくグローバルスタンダードの歯磨き粉の販売が日本でも認められた事になります。

永久歯が生え揃ったらフッ化物は必要ない、と思われがちですが生涯にわたって虫歯予防の効果がありますので使い続けることをオススメします。

この1000〜1500ppmのフッ化物濃度歯磨き粉は6歳未満の子どもには使用を控えることとされています。1000ppmを超える歯磨剤の使用は15歳未満には適さないと考えられていますので中学生以下の方には従来の歯磨き粉の使用を、高校生以上の方には高濃度フッ素配合の歯磨き粉の使用が現実的です。

歯磨き粉は朝、昼、晩の毎食後の使用が基本で少なくとも1日2回は使用してください。これは日本だけでなくアメリカでもそのように勧められています。

それではフッ素入り歯磨き粉の効果的な使い方です

1 歯ブラシに年齢に応じた量の歯磨き粉をつける
2 磨く前に歯磨き粉を歯面全体に広げる
3 2〜3分歯磨き粉の泡立ちを保つような歯磨きをする(特に歯磨き方法にはこだわらない)
4 歯磨き粉を吐き出す
5 10〜15miの水を口に含む
6 5秒間程度ぶくぶくうがいをする(洗口は1回のみ)
7 洗口は1回のみとし吐き出した後はうがいをしない
8 その後1〜2時間程度は飲食をしないことが望ましい
さらにフッ化物配合歯磨剤を用いたブラッシングは1日2〜3回と頻度が高いことが望ましい
とされています。

今までとかなり概念が変わっています。

これはプラーク(歯垢)を取り除くブラッシングというよりフッ化物をしっかり応用するというブラッシングになっています。

虫歯、歯周病の原因はプラーク(歯垢)なのでそれをしっかり落とすためにはこれまで通りのデンタルフロス、歯間ブラシ、歯ブラシによるプラークコントロールが重要です。しっかりブラッシングした後上記方法でフッ素を応用し虫歯予防してください。

もっと詳しく知りたい方は2018年3月に日本口腔衛生学会より提言書が出ています。

フッ化物配合歯磨剤に関する日本口腔衛生学会の考え方