年収 約370万円〜1160万円(課税所得145万円〜689万円)の方はご注意ください!
自分で申請しなければなりません。

これまで「現役並み所得」で一括りになっていたものが、Ⅰ〜Ⅲに分割されました。

課税所得が690万円以上の方はⅢに分類され
380万円以上の方はⅡ
145万円以上の方はⅠ

となります。
ここで注意が必要なのはⅠ、Ⅱにあてはまる方はご自分で市町村窓口に申請し「限度額適用認定証」を交付してもらわなければ自動的にⅢに入れられてしまうことです。

課税所得が690万円以上の方は少数派のはずなんですが、自分で申告しなければそこに分類されてしまうという、国の制度ではよくあるパターンです。

しっかり申請しておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください