昨日テレビで「歯周病は認知症の原因」のような番組が放送されていました。

テレビは大げさなことを言うことが多く事実が誇大解釈されて放送されることが多いので報道内容を鵜呑みにしてはいけません。

その時の参考文献として国立長寿医療研究センターの平成28年度の報告書「歯周病がアルツハイマー病の分子病態ならびに認知機能障害を増悪させる機序の解明」が挙げられていましたので読んでみました。この研究はアルツハイマー病の早期診断、予防、治療法の開発に役立てるために行われています。

結論は歯周病の炎症はアルツハイマー病の病態形成に関与している可能性がある。歯周ポケットの深さよりも歯周ポケットからの出血の方がアルツハイマー病発症割合が高い。

では歯周病は認知症の原因なのか?続きは次回です。