虫歯と歯周病の予防が浸透してきました。そのことにより2005年には抜歯の原因の75%を占めていた虫歯と歯周病ですが2018年には67%にまで減っています。

逆に抜歯の原因で増えてきたのが歯の破折です。11%だったのが約18%にまで増えています。

当院でも抜歯の原因は歯根破折が一番多いと感じます。(統計はとっていないので感覚的ですが)

あまり知られていないのですが歯は特に何もしていないのに知らない間にヒビが入って割れていることがあります。特に歯の根は割れてしまうと抜くしかありません。何度も根の治療をしているのになかなか治らない、違和感の原因がよくわからない、などはっきりとわかりにくいことも多く、レントゲンに写らないことも多々あります。