甘いものはどれくらい食べてもいいの?


甘いものを食べないに越したことはありません。
甘いものは食べないでください、食べささないでください。飲み物は水かお茶くらいにしてください家に炭酸やジュース類を置かないようにしてください、とお願いしますが残念ながらあまり現実的ではないようです。
それでも3歳までは甘いものなしで育てましょう。
年齢とともにだんだん甘いものを食べるようになってきます。
甘いものを食べ過ぎるとしっかり歯磨きをしても歯が溶ける時間が長すぎて再石灰化が追いつかず虫歯ができてしまうので、虫歯予防には甘いもののコントロールが非常に重要です。
ではいったいどれくらいなら甘いものを食べてもいいのでしょうか?
おやつに取る砂糖の量は約20グラムまで、スティックシュガーで約3本分までにしましょう。(朝、昼、晩の食事に含まれる砂糖は除外して考えています。)
それってどれくらい?なんでしょうか。
それでは具体的におやつ類に何gぐらい砂糖が入っているか見てみましょう。
カステラ1切れ・・・24g
メロンパン1個・・・32g
大福餅1つ・・・24g
バニラアイスクリーム1カップ(120ml)・・・24g
ヨーグルト(砂糖入り)120g・・・16g
野菜ミックス飲料350ml・・・16g
炭酸飲料500ml・・・56g
スポーツドリンク500ml・・・32g
となっています。
いかがですか?思ったよりも多いですか?少ないですか?
炭酸飲料を飲みながらお菓子を食べるなんてもってのほか!と言うのがよくわかると思います。
目安は1日20gまでにしてください。
「おやつってなに?」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA