入れ歯のお手入れ方法

BPS
非常事態宣言で外出しにくくなり、歯科医院でのメインテナンスも受けられない方が増えているのではないでしょうか?

口の中の健康は全身の健康に直結しています。

毎日の歯磨きに加えて入れ歯を使用している方は入れ歯のお手入れも非常に重要です。

入れ歯のお手入れ方法について動画にまとめましたので入れ歯を使用している方、ご家族が入れ歯を使用している方、介護関係のお仕事をされている方、是非ご覧いただきまして参考になさってください。

入れ歯のお手入れどうするの?

  • 食後は入れ歯専用のブラシでこすり洗いしましょう
  • 毎日入れ歯洗浄剤に浸け置きしましょう(熱湯消毒はできません)
  • 定期的に歯科医院で汚れや破損、適合状態のチェックをしてもらいましょう

入れ歯も歯と同じように汚れます。
食べかすが付きます。
歯垢(プラーク)が付きます。
歯石が付きます。
着色汚れが付きます。
食事をしたら入れ歯も磨く必要があります。
まず、流水下で写真のような入れ歯専用のブラシを使って食べカスを洗い落とします。この時、入れ歯を落下させて洗面所に当てると入れ歯が壊れることがあるので、洗面所に水を張っておくと落として破損することを予防することができます。
入れ歯をブラシで洗う時、歯磨き粉を使用すると細かい傷が付きますので使用しないでください。使用する場合は写真のポリデントフレッシュクレンズのような入れ歯専用の物を使用してください。
就寝前には写真のような入れ歯洗浄剤を使用してください。コップにお風呂の温度くらいのお湯と入れ歯を入れて入れ歯洗浄剤を投入します。そのまま朝までつけ置きで大丈夫です。朝起きた時、入れ歯用ブラシを使って流水下で入れ歯を洗い入れ歯を装着してください。
入れ歯洗浄剤は毎日使用してください。
入れ歯洗浄剤で十分な除菌ができますので熱湯消毒はしないでください。入れ歯が変形することがあります。
こびりついた着色、歯石になってしまった物やどうしても取れない汚れは無理に自分で取ろうとせず、歯科医院でご相談ください。
歯科医院は市販されていない入れ歯専用のぬめりや石灰化物を除去する薬剤、強力な超音波洗浄機、入れ歯専用の研磨の機械を持っています。
入れ歯の歯がすり減ったり、知らない間にヒビが入っていたり、歯茎と入れ歯の間に隙間が出来てきたりすることがあります。定期的に歯科医院でチェックしてもらっていつも快適に入れ歯が使用できるようにしてもらってください。
美味しく食べて健康に!

BPS認定歯科医師って肩書きがあるけどBPSって何?

BPS
BPSとはBiofunctional Prosthetic Systemの略です。生体機能的補綴システムと訳されていますが何のことかわかりませんね。
BPSはリヒテンシュタインに本社があるイボクラールビバデント(http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/)という会社とヨーロッパの歯科大学、開業医が共同で開発した高品質な入れ歯を製作するためのシステムです。このシステムが最も得意とする分野は総入れ歯です。欧米の多くの歯科大学はこのシステムを取り入れており、現在、日本でも9大学が認定大学となってこのシステムでの入れ歯の作り方を教育しています。今後増えてくると思われます。
入れ歯の重要な役割は健康な歯の時と同じように話をしたり食事ができたりすることです。
BPS入れ歯の特徴
①食事の快適さ
食事や話をする時の舌、粘膜、筋肉の動きを正確に調べて入れ歯が最も安定する位置に入れ歯を作りますので動きが少なくはずれにくいです。正確な噛み合わせを調べることにより上下の歯でしっかりと噛むことができ食事が快適です。
②口元の美しさ
BPSで使用する人工歯は日本で使用されている中でも最高級のものでドイツのデザイナーがデザインしイタリアで製造されています。一人一人の口元に合わせて歯並びを変え、歯茎の色も変えることが可能です。入れ歯っぽくない入れ歯が作れます。
③安全性と長期予後
BPSで使用する材料はヨーロッパの安全基準に合格した1社のみが製作し品質管理を行っています。環境ホルモンも従来の入れ歯の材料の3分の1に抑えられています。十分な強度があり入れ歯表面に着く細菌の増殖が少ないため匂いがつきにくく変色しにくい材料です。
④システム・実績
特別な教育を受けたBPS認定歯科医師とBPS認定歯科技工士のみが作ることができる入れ歯です。決められた技術と材料を使用し認定歯科医師と認定歯科技工士がしっかりした協力体制を作り患者様のご要望にお応えします。
⑤費用
BPSは健康保険の適応がありません。医院によって価格の違う自由診療です。当院での価格は片顎35万円(税別)です。

入れ歯の難易度には個人差があります。どなたでも完全に満足していただくことは難しいですし、治療後の機能回復の力には個人差があります。その個人差の中でも最も良いものを選んでいただき美味しく食べて健康に過ごしていただきたいと存じます。

金属のバネがない入れ歯にしたいんですけど・・・

入れ歯
金属のバネがない入れ歯、いわゆる今はやりの柔らかいプラスチックでできたノンメタルクラスプデンチャーですね。
前歯に金属のバネが見えるとキラキラして見た目が良くないので希望される方が増えています。
以前はノンクラスプデンチャーと言われていましたが、実際には樹脂でできたクラスプ(バネ)が付いているので「金属のバネは付いていないですよ」、ということでノンメタルクラスプデンチャーと呼ばれるようになりました。
入れ歯の大原則、動かない、汚れない、壊れない、これがクリアされればノンメタルクラスプデンチャーもOKなんですよね。
しかし、ノンメタルクラスプデンチャーは、動く、汚れる、壊れる、ということでこれまで補綴学会ではフレキシブルデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)は推奨しない、とホームページでも宣言してきました。
材料が日進月歩進化しており、ガイドラインを作ろうとしていますが変化が大きくてなかなか追いつかないようです。今は症例によっては使ってもいいかな?ってな感じですか。
例えば普段使用するのは金属のバネのあるしっかりした義歯を使用し、お出かけの時にはバネが見えないノンメタルクラスプデンチャーにするという使い分けなどです。
症例をしっかり選んで使用する分には問題ないでしょう。やみくもになんでもかんでもやるのはトラブルの元です。ただし2~3年が寿命だということをしっかり頭に入れておきましょう。寿命の割に保険適用外なので高額です。また、修理が必要になった場合お預かりの修理になる場合が多く、修理費用もかなり高額になります。
昔からある保険外の金属床義歯はノンメタルクラスプデンチャーより高額ですが寿命はもっと長く修理費用はノンメタルクラスプデンチャーより安価です。

年齢とともに歯が弱り、いずれは入れ歯になるのは老化現象?


みなさんのまわりには大なり小なり、入れ歯の人が何人かいるかもしれません。
「歳をとってきたら歯ぐきがやせてきて、歯もガタガタになってくる」とか
「歯が悪いのは歳のせいだから仕方がない」「歳をとったら歯は悪くなるもの」とか
「総入れ歯にすれば歯を磨かなくていいから楽でいい」など、聞いたことがありませんか?
その人たちの言うこと、ほんとうでしょうか?
まず、入れ歯になったということは、歯がなくなったところがあるということです。
歯を抜いたのか、自然に抜け落ちたのか、もともとないのか、のいずれかです。
たいていの人は抜いたか抜け落ちたのです。
その原因は?
年齢によって異なりますが、写真の円グラフのように歯がなくなる原因の約75%は、う蝕症(むし歯)か歯周病なのです。
老化現象で歯が抜けたりすることはないのです。
総入れ歯(総義歯)は歯を磨かなくていいから楽でいいでしょうか?
総入れ歯なら何でも噛めて不自由ない、なんていう人はほとんどありません。
自分の歯で噛んでいたのと同じように、入れ歯でも何でも噛めると思ったら大間違いです。
どんなに優れた入れ歯も所詮は自分の歯の代用品であって自分の歯以上のものは存在しないのです。
「美味しく食べて健康に」すごしていただくためには、ご自分の歯を大切にケアして使っていただくのが一番です。